yumiko.blog

miyumim.exblog.jp
ブログトップ

おかしな私

ここ何日かの歯がゆさ。
スティックを持つ前に、マレットを持つ前に、どーしても早く終わらせなくてはいけないことをかかえているから。
早く楽器弾きたい。。
禁断症状出てます。

先日白いパンについて書いたけど、
3日くらい前に地元のサティのパン屋さんに白くてふわっふわなパンを発見。
なんて私好みなの!と、ビジュアルで即やられたんだけど、
パンの名前が「はしもとロール」。
少し冷めた私がいました、そこに。
地元の恥ずかしさ満点でした。
ださい。

そうそう、昨日ものすごく眠くて寝てて、
だけど夜中に電話してて起きちゃって、
結局なかなか寝れなくて、でもいつの間にか寝ていたときに見た夢。
また訳わかんない夢になってました。

私はどこかの店でキッチン用品を物色していて、
でも結局買わずにその店の陳列をやり直して一段落したとき、
あ、結婚式行かなきゃ、となぜか誰かの結婚式へ。
あわててたから気づいたら黒のドレスは着てるけど持っているのは小さなバッグと財布だけ。
でも時間ないから電車に乗り、降りたとこは大阪。
そして乗り換えるんだけど、私が持っているスイカでしか通れない改札から出て、
乗換え。
少々迷いながらも駆け込んでセーフ。
そしてそれはなぜか車に変わっていて、運転手のTくんはうろうろしながらもここじゃない?
と、ホールの搬入口のようなところへ車を動かし、
まだ誰もいないねぇと思っていたら車から先輩のMさん登場。
合ってたんだーと安心して会場に入ったら、知り合いの音楽関係者勢揃い。
コンサートホールのようなところにみんな座っている。
なんかあの人久しぶりだなーとか思ってたら式がはじまり、
でも誰の結婚式かわかんない。
そしたら式の最中に漫画家のウメズカズオがカスタネット叩きながらいきなり歌いだす。
空気読めない人だなーと思ってたらそのうち帰って行き、忙しい人なんだと思う私。
気づいたら私の席はなぜかトイレに変身してて、
「ゆみこちゃんなんでトイレに座ってるの」と誰かに言われて恥ずかしい思いをする。
ホールの人が、すみません、古くて~みたいなことを私に言う。
そのうち着替えて、次の披露宴の支度にとりかかる。
財布しか持ってない私はコートを脱ぐだけ。
そこでたしか夢は終わりました。
公開するほどの話じゃないけど、勢いで書いちゃった。
お見苦しいものをすみません・・・。
[PR]
by miyumi-m | 2008-03-11 00:04 | diary