yumiko.blog

miyumim.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:study( 6 )

コンサート

仕事には、丁寧さと冷静さが必要。
だと思いました。
大ざっぱな私は意識をしていないとできないことだとも思いました。
今日の収穫はそれ。

夜はコンサートに行きました。
現代音楽、言葉からイメージされるような感じとは裏腹の、
難しそうだけど面白くてきれいな素敵な曲。
ガーシュインのラプソディー・イン・ブルー(初)。
ベートーベン7番。
指揮はアメリカ人のヒュー・ウルフ。
アメリカンな感じで7番もおもしろかった。
ガーシュインは長かったけど、トランペットすごく上手だった…。
現代音楽は打楽器活躍するのがお決まりのような感じですが、
今日聴いたのもおもしろかったー。
奏者みんな光ってました。

その後は一緒にコンサート行った友達とごはん。
1年だけ大学生活を共にした友達で、
なかなか会う機会もなく、久しぶりにゆっくり食事しました。
最近は久しぶりに会う友達が多い。
そういう時期なのかな。
イタリアン行きましたが、おいしかった☆
サラダとピザがお気に入りです。
明日はまたバリバリ練習するぞー。
私もうまくなりたいー。
[PR]
by miyumi-m | 2008-05-09 01:44 | study

譜読み

自分にとある課題を課したわけですが。
譜読みが遅くてどうにもなりません。。
音楽を読むって言うより、記号を解いていくような・・・。
でも、ひたすら繰り返し読むしかないんだろうなぁ。
今までほんとに単純な音符しか読んでこなかったからなぁ。
音階のない(笑)
少しずつの積み重ねよね!と、前向きに、無理ない課題にしたはずなので、
がんばろーっと。

さらいながら読むのもいいけど、マレットおいてじっくり読むことも必要かもな。
私にとってはまずは譜読み勝負!!
勝たないと弾けない!!(笑)
[PR]
by miyumi-m | 2007-05-06 21:46 | study

トレモロ

今日はまじめなお話。

トレモロがうまく弾けなくて、どうしたらいいんだろうとずっと思ってました。
最初はそのうちできるなんて考えてたけど、甘いに決まってた。

トレモロって、ただ左右交互に早く動かせばいいなんてことじゃないと思うのです。
楽器には音の長さ、響きがある。
打楽器は音自体が点に近くて長くのばすことができないから、響きがつながるように左右交互にたたく。
でもそのトレモロの速度って、音域によっても違うし、マレットの硬さによっても違うし、テンポによっても違うし、曲の雰囲気によっても違うし、単音と重音によっても違うと思うし。
そして移動がまた難しい。
左から動く、右から動く、両方同じように、いつどっちになってもできるようにしたいけど、うまくいかない。
しかも移動にとらわれて肝心な音楽が不自然になったりする。
さらにこれが4本ばちだったらなおのこと大変。

ということを昨日整理できたから実践して研究してみようと思う。
[PR]
by miyumi-m | 2007-04-18 15:10 | study

レヴィタンの難しさ。

今日はひたすらレヴィタン2楽章をさらった。
さらった。
さらった。。

難しい!!
頭に16分休符があって、付点のリズムで、全部裏拍で・・・。
休符って言っても、×印になってるのがあって、要するに指で押さえてミュートするんですよ。
休符の場合も同じだけど、しっかり休まずリズムが転びやすくなって、走ったり、変なリズムになってしまったり。。
あぁ、なんてリズム音痴なんでしょう。
メトロノームを8分音符で鳴らしてたけど、納得せず16分までに細かくし。
なんとか、昨日合わせたテンポで弾けるようになりました。
でもどうしてもできないとこが何箇所か。
あと1楽章もあるのに。。
他に4曲さらうのに。

・・・。

今日はもう寝るっ、寝るっ!
またあした頑張る!
休むときは休まないと、しっかり頑張れないもんね。

しかし・・・
レヴィタン、なんでここまでイヤーなリズム並べたの?
もう嫌がらせにしか思えない・・・。
聴いた感じ、癒し系のキレイな感じにしやがって・・・。
レヴィタンにあたりはじめたけど、悔しいからできるんだぞってとこをみせてやる。
ふん!!
[PR]
by miyumi-m | 2007-03-03 00:53 | study

Marimba Quartet /Daniel Levitan

ねむ~い。
私は大抵いつも眠いのだけど。

今日は、ファニーのレヴィタン音だししました。
スコアがなかったのでさっぱり勉強せず、しかも自分のパートだけさらっても、
?????
みたいな感じで全くどんな曲か読めなかったのですが(しかもⅣパートだからベースだし)
なんてキレイな曲!!
女性にピッタリ!!
1楽章は奥様に捧げた曲だそうで、包容力たっぷりの愛がある感じ!
音で、音楽で表現できるようにしたいです!
しかも7/8拍子で付点の裏、裏と言う感じで(わかりにくいか・・・)
ちょっとオシャレ。
音を出して、音源聴いて、イメージかなり湧きました!!
これからすっごい楽しみ、いい演奏したいです!!

私の現在目指したいところは、
とにかく痛い音はいらない。
響きのある、厚みのある、慈悲深い音。
リズムのキレも活かした明快なアンサンブル。
聴いた人の心に残るような、温かいもの。

よく癒し系とかいうけど、そんな言葉で片付けたくはない!
スカルプチャーに代わるマリンバアンサンブルの代名詞になるかも!
(私たちの演奏で♪)


レヴィタンとはずれるけど。
その後は今日は能を見ました。
日本の伝統芸能もいいです。
ほんとはさっぱり何言ってるかもわかんないし、話も全然わからないけど、
なんかいいなって思えるのはきっと日本人だからだと思う。
だってきっとケチャを見ても、そりゃきっとすごいと思うだろうけど
同じような感覚は持たないだろうし、
コサックダンス見てすごい、できない!と思っても、
ロシアに対して母国愛みたいのは感じないだろうし。
浴衣も好き、着物も好き、和食も好き、畳の部屋もすき、富士山を近くに行ったら見れるかどうかわくわくする、ここぞという時はやっぱり米を食べる。
日本人にしか持っていない感覚が私にはあると思う。
別に上に書いたことは日本人だけに当てはまるわけではないけど。
真の、日本人の血が流れていると思う。
[PR]
by miyumi-m | 2006-12-14 00:24 | study

実感

今日は12月に大掃除するのも大変だろうなぁ・・・と、思いつきだけど時間もあったし風邪ひいてて思うように動けないから部屋を徹底的に掃除しました。
もちろん、マスク着用です。

いやー、さっぱりしました。
私の部屋ってこんなに広いのね、と実感。


ついさっきまではお勉強。
譜面を読むことは本当にいろんなものが見えてきます。
手ばっかり動かしてもだめ、ということを実感。
いままでずっとそうしてたから。
もちろん、音も出していかないとだめだけど、
でもどこかにその曲が意図していることが必ずあって、それを見つけること。
ようやく最近その意味を理解し、見つけていくようになりました。

そこでそのあと必要になってくるのが技術的なこと。
「練習」
というこの一言も、目的がよりリアルに持てるようになりました。
十分考えたから、音を出していかなくちゃ。


と、こんな感じのことのためにstudyというカテゴリを作ってみました。
すぐ怠けちゃうから、練習ノートみたいにして使おうっと。
[PR]
by miyumi-m | 2006-11-28 02:51 | study